世界の冠動脈バイパス移植市場は急拡大へ:2032年までの規模と成長予測

グローバル冠動脈バイパス移植市場 今後 10 年間で CABG は大幅な成長が見込まれています。外科手術技術の進歩、心臓血管の健康に対する意識の高まり、高齢化人口の増加により、CABG 手術の需要は増加することが見込まれています。メーカー、医療提供者、政策立案者など、医療業界の関係者は、患者の変化するニーズに効果的に対応し、心臓治療の継続的な進歩を確実にするために、これらのトレンドを常に把握しておく必要があります。

世界の冠動脈バイパス移植 (CABG) 市場は、心臓血管外科用機器業界における重要なセグメントです。この市場には、さまざまな移植片タイプ、外科手術、技術、地域が含まれており、冠動脈疾患に対処する上での複雑さと重要性を反映しています。この記事では、現在の傾向、市場規模、シェア、成長予測、および 2023 年から 2032 年までの技術進歩について詳しく説明します。

調査レポートには、市場の主要企業の包括的なプロフィールと、世界中の競争環境の詳細な見解も含まれています。冠動脈バイパス移植市場の主要企業には、Medtronic、Terumo Corporation、Guidant、MAQUET Holding BV & Co.KG、Vitalitec、Novadaq Technologies Inc.、KARL STORZ GmbH & Co. KG、Edwards Lifesciences、Genesee Biomedical Inc.、Sorin Group などがあります。

「世界冠動脈バイパス移植市場調査レポート」の詳細については、無料サンプルコピーをリクエストしてください。 https://www.valuemarketresearch.com/contact/coronary-artery-bypass-grafts-market/download-sample

市場セグメンテーション

タイプ別

  1. 伏在静脈移植: 従来、CABG 手術で使用されている伏在静脈グラフトは、脚から採取され、閉塞した冠動脈をバイパスするために使用されます。広く使用されているにもかかわらず、動脈グラフトに比べて長期的な失敗率は高くなります。
  2. 内胸動脈移植: 長期開存率が優れていることで知られる内胸動脈グラフトは、ますます好まれるようになっています。内胸動脈グラフトは耐久性があり、動脈硬化のリスクが低いため、CABG のゴールド スタンダードとなっています。
  3. その他の移植このカテゴリには、橈骨動脈や胃大網動脈などの移植片が含まれます。腕から採取した橈骨動脈は長期開存性があるため好まれますが、胃大網動脈はあまり一般的ではありませんが、特定のケースでは有益です。
  4. 橈骨動脈移植前腕から採取される橈骨動脈は、特に若い患者の場合、伏在静脈グラフトに比べて開存率がより高くなる別の動脈グラフトオプションです。
  5. 胃大網動脈移植: あまり一般的ではありませんが、胃の領域からのこの動脈は、他の移植片が適さない場合の代替として使用できます。

外科的処置による

  1. シングルCABG手術: 閉塞した冠動脈の 1 本をバイパスします。この手順はそれほど複雑ではなく、回復時間も短くなります。
  2. ダブルCABG手術: 閉塞した 2 つの動脈をバイパスします。より重篤な冠動脈疾患の患者によく使用されます。
  3. トリプルCABG手術: 3 本のバイパス手術が必要であり、より重篤な病気であることを示します。
  4. 4回CABG手術最も複雑なこの手術は、閉塞した 4 本の動脈をバイパスするもので、広範囲の冠動脈疾患を患う患者に対して行われます。

テクノロジー別

  1. オンポンプCABG: 心臓を停止させ、人工心肺装置が血液と酸素の循環を引き継ぐ従来の方法です。これにより、外科医は心臓を止めた状態で手術を行うことができ、精度が向上しますが、人工心肺装置の使用に関連する合併症が発生する可能性があります。
  2. オフポンプCABG: 心拍動下手術とも呼ばれるこの方法では、人工心肺を使用せずに、心拍動下でバイパス手術を行います。これにより、脳卒中や認知機能低下など、オンポンプ CABG に伴うリスクの一部が軽減されます。

詳細な目次を含む世界の冠動脈バイパス移植市場調査レポートを閲覧する https://www.valuemarketresearch.com/report/coronary-artery-bypass-grafts-market

地域分析

CABG 市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカなど、いくつかの主要地域に分割されています。

  • 北米: CAD の普及率の高さ、高度な医療インフラ、多額の医療費により、市場を支配しています。
  • ヨーロッパ: CAD 症例の増加と人口の高齢化により、大きな市場シェアを保持しています。
  • アジア太平洋地域: ヘルスケア意識の高まり、ヘルスケアインフラの改善、高齢者人口の増加により、最も急速な成長が見込まれます。
  • ラテンアメリカ: 医療システムの改善と CAD の認知度の高まりにより、緩やかな成長を示しています。
  • 中東・アフリカ: 継続的な医療の改善と心臓治療へのアクセスの増加により、徐々に成長しています。

業界動向

  1. 技術の進歩外科手術技術と移植材料の革新により、患者の転帰が改善され、回復時間が短縮されています。
  2. 低侵襲手術低侵襲性 CABG 手術に対する支持が高まっている理由は、入院期間の短縮や回復の迅速化などの利点があるからです。
  3. 高齢人口: 世界中で高齢者人口が増加しているため、CAD の発生率が上昇しており、CABG 手術の需要が高まっています。
  4. 医療費特に発展途上地域では医療費の増加により、CABG 手術へのアクセスと費用負担が増大しています。

市場規模と成長

世界のCABG市場は、2023年から2032年にかけて堅調な成長が見込まれています。CADの罹患率の上昇、技術の進歩、医療費の増加などの要因が市場拡大の原動力になると予想されています。市場規模は大幅な成長が見込まれており、北米とヨーロッパが牽引し、アジア太平洋地域で急速な成長が続くと予想されています。

推定と予測

予測期間(2023~2032年)では、CABG市場は着実に成長すると予測されています。手術技術の継続的な改善、患者の転帰の改善、先進技術の採用の増加により、市場の成長が促進されると予想されます。市場は、CABG手術の世界的な需要増加を反映して、複合年間成長率(CAGR)を示すことが予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com