自動マテリアルハンドリング市場規模、シェア、地域概要、および 2032 年までの世界予測

市場の将来展望を研究する価値市場調査によって発行された自動マテリアルハンドリング市場レポート。これには、2023年から2032年の調査年度における規模、シェア、成長、傾向、主要企業、セグメント、地域分析が詳細に含まれています。

この調査レポートでは、市場の主要企業の包括的なプロフィールと、世界中の競争環境の詳細な見解も取り上げています。自動マテリアルハンドリング市場の主要プレーヤーには、Addverb Technologies Private Limited、BEUMER GROUP、ダイフク株式会社、Dematic、ELETTRIC80 SPA、Fives Group、Honeywell International Inc. (Honeywell Intelligrated)、Jungheinrich AG、Kardex、KNAPP AG、 KUKA AG、MHS Global、村田機械株式会社、SCHAEFER SYSTEMS INTERNATIONAL PVT LTD、System Logistics SpA、TGW Logistics Group、Vanderlande Industries BV、WITRON、Berkshire Grey、ForwardX Robotics、Geekplus Technology Co., Ltd.、GreyOrange、Hikrobot Technology株式会社、inVia Robotics, Inc.、Kindred, Inc.、Mobile Industrial Robots、plus one robotics、RightHand Robotics, Inc.、Shanghai Quicktron Intelligent Technology Co., Ltd、Universal Robots、Blue Yonder Group, Inc.、 Datalogic SpA、Honeywell International Inc.、Infor、Manhattan Associates, Inc.、Oracle Corporation、SAP、Trimble Inc.、Zebra Technologies Corp.このセクションは、主要な合併や合併などのさまざまな戦略的展開を含む、競争環境の全体像で構成されています。買収、将来の能力、パートナーシップ、財務概要、コラボレーション、新製品開発、新製品発売、その他の開発。

https://www.valuemarketresearch.com/contact/automated-material-handling-market/download-sampleで無料サンプル コピーをリクエストして、「世界の自動マテリアル ハンドリング市場調査レポート」の詳細を入手してください。

市場動向

製造業や物流業が成長を続ける中、エラーやダウンタイムを最小限に抑えながら商品を迅速かつ正確に移動できる、効率的で信頼性の高いマテリアルハンドリングソリューションのニーズが高まっています。ロボット工学、機械学習、などの自動化技術の進歩により、より洗練された高性能な AMH システムの開発が可能になりました。これらのテクノロジーにより、AMH システムと、倉庫管理システムやエンタープライズ リソース プランニング システムなどの他の製造および物流テクノロジーとの統合も容易になります。世界の多くの地域では、労働力不足と人件費の上昇により、メーカーや物流業者が人力への依存を減らし、生産性を向上させることができる AMH システムへの投資を推進しています。電子商取引やオンライン小売を通じた販売により、幅広い製品や量を処理できる効率的で柔軟なマテリアル ハンドリング ソリューションに対する需要が高まっています。職場の安全性と人間工学がますます重要な関心事になるにつれ、反復的な作業や肉体的に負担のかかる作業を自動化できる AMH システムの人気が高まっています。

レポートでは、ポーターのファイブ フォース モデル、市場魅力分析、バリュー チェーン分析について説明します。これらのツールは、業界の構造を明確に把握し、世界レベルで競争の魅力を評価するのに役立ちます。さらに、これらのツールは、自動マテリアルハンドリングの世界市場における各セグメントの包括的な評価も提供します。自動マテリアルハンドリング業界の成長とトレンドは、この研究への総合的なアプローチを提供します。

https://www.valuemarketresearch.com/report/automated-material-handling-marketで、詳細な目次を含む世界の自動マテリアルハンドリング市場調査レポートを参照してください

市場セグメンテーション

自動マテリアルハンドリング市場レポートのこのセクションでは、国および地域レベルで分析することでセグメントに関する詳細なデータを提供し、それによってストラテジストが各製品またはサービスの今後の機会のターゲット層を特定するのに役立ちます。

提供によって

· ハードウェア (自動コンベヤおよび仕分けシステム、オーバーヘッド システム、ガントリー ロボット、自動保管および回収システム (Asrs) (2 方向および 4 方向シャトル、ユニット ロードおよびミニ ロード、カルーセル ベース、垂直リフト モジュール)、パレタイジング/非自動マテリアルハンドリング、自律搬送車 (Agv)、自律移動ロボット (Amr)、オーダーおよびピースピッキングロボット、その他 (RFID スキャナーおよびリーダーなど))

· ソフトウェア (Wms および Wes、Tms、自動識別およびデータ キャプチャ (Aidc))

· サービス

パッケージタイプ別

・パレット

・コンテナ(ビン、トート、バルクコンテナ)

· カートン

・その他(ダンネージ、ユータイライザー等)

業種別

· 食品および飲料(ベーカリー、食品(ドライ)/食料品、飲料、乳製品、コンビニエンス/菓子、タバコ、コールドチェーン)

・ パーソナルケア

・非耐久財(紙、ティッシュ、化学薬品)

・耐久性良好

· アパレル (電子商取引、オフライン (実店舗))

・医薬品

・自動車

· 小売 (電子商取引、オフライン (実店舗))

・3PL

· 宅配便、速達、小包サービス

・その他(空港サービス、ヘルスケア等)

地域分析

このセクションでは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカにわたる自動マテリアルハンドリング市場の現在および将来の需要を強調する地域の見通しについて説明します。さらに、このレポートは、すべての主要地域にわたる個々のアプリケーション セグメントの需要、推定、予測に焦点を当てています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com